運営ブログ

【自園自製 伊賀芭蕉茶(煎茶ティーパック)】~熱いお湯でも、冷水でもすぐに美味しい煎茶~

こんにちは、柿千の高橋です。

夏休み、公園で遊ぶ子どもたちの声がにぎやかなこの頃ですが、

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

いつも柿千をご贔屓いただき、誠にありがとうございます。

さて、第12回目の試食レポートは、

三重県伊賀産まれの美味しいお茶、「伊賀芭蕉茶」をご紹介します!

●霧深い布引山地で産まれた美味しいお茶

伊賀芭蕉茶」のふるさとは、三重県・布引山地のふもとに広がる茶園・西徳園です。

こちらは、ご夫婦で経営しておられる茶園なのです。

早速奥様の順子さんにお電話でお話をお聞きしました。

「毎日暑い日が続きますね」

「そうですね。でも、ここは標高400メートルの高台なので、比較的過ごしやすいんですよ。

新茶の収穫時期も、伊勢茶よりもやや遅くて5月下旬ぐらいになります」とのこと。

まさに、高原の涼しく澄んだ空気の中で育ったお茶なんですね。

チャック付パッケージなので、湿気を防ぎます

チャック付パッケージなので、湿気を防ぎます

●使いやすい小袋に入った煎茶粉末

では、さっそく開封してみましょう。

小さな袋に入った煎茶が、全部で165g(約25個)もぎっしり。

小さな袋の中に、細かい粉末状の煎茶が入っています

小さな袋の中に、細かい粉末状の煎茶が入っています。

細かい粉末状なので、熱いお湯でも、冷水でも、

すぐに美味しいお茶を淹れることができます。

【お湯の場合】

お湯を入れたポットに袋を入れます。

お湯は、やや低めの80度前後で

お湯は、やや低めの80度前後で。

スプーンなどで軽く混ぜて、お茶を出します

スプーンなどで軽く混ぜて、お茶を出します

すぐに、熱いおいしいお茶を召し上がっていただけますよ。

【冷水の場合】

いったん沸騰させたお湯を常温まで冷まし、

1~1.5リットルのボトルにティーバック1個とともに入れてよくかき混ぜてください。

あとは、冷蔵庫で2時間ほど冷やしながら抽出します。

いい色が出たら、袋を取り除いておきます。

実は、こうして冷水でゆっくり抽出したほうが、熱いお湯で抽出するより

お茶の甘みがよく出るんですね。

こちらの煎茶は、通常より「蒸し」の工程が長い深蒸し製法で作られています。

「深蒸しなので、冷水でも旨みが出て、渋味がやわらぎ、お茶の香りとまろやかな風味が楽しめます」と奥様。

●「冷茶オンザロック」

次は、暑い日におすすめ。オンザロックでいただく方法です。

濃い目に出すため、お湯の量は少なめにします。

今回は、300ccのお湯の中に1袋入れ、5分間抽出してみました。

袋を入れて約5分置くと、濃い目のお茶ができます

袋を入れて約5分置くと、濃い目のお茶ができます

氷の入ったグラスに、静かに注いでいきます

氷の入ったグラスに、静かに注いでいきます。

せっかくの良いお茶ですので、お茶菓子にも良いものを、ということで、

横田福栄堂の「くず餅」を用意しました。

吉野名産の「くず」から採取したデンプンを、弾力のあるくず餅に練り上げたもので、

シンプルであっさりとした甘みが特長。

きな粉と黒蜜をたっぷりかけていただきます。

鮮やかな青いパッケージが目印です

鮮やかな青いパッケージが目印です

目にも涼しげな透明感あるくず餅

目にも涼しげな、透明感あるくず餅

オンザロックの煎茶とともにいただきます

オンザロックの煎茶とともにいただきます

くず餅」のプルルンした食感がくせになりそう。

きな粉の香ばしさと、黒蜜のコクのある甘みが、

お口いっぱいに広がります。

実はこのくず餅、あの作詞家の秋元康さんも好物だそうで、

「はなまるマーケット」で紹介されていました。

さて、「伊賀芭蕉茶」はと言いますと…

氷で冷やされ、深蒸しのお茶ならではの鮮やかな緑色が涼しげです。

渋みが少なく、まったりとしたお茶の甘みが感じられ、

くず餅」のきな粉の芳ばしさによく合います。

ぜひ、お試しください。

●お求めは柿千オンラインショップで

伊賀芭蕉茶」のお買い求めは、柿千オンラインショップまたはお電話でどうぞ!

■自園自製 伊賀芭蕉茶(煎茶ティーパック)

No.20231 550円(税込)

https://www.kakisen.jp/SHOP/20231.html

フリーダイヤル 0120-41-3000(8:0018:00、年中無休)

横田福栄堂の「くず餅」は、大阪府松原市にある柿千の和風レストラン「天川茶寮 柿千」の売店でお買い求めいただけます。

http://www.tenkawa.jp/

=====

スタッフ高橋の試食コメント

スタッフ高橋

伊賀芭蕉茶」は、細かい粉末状の煎茶が小袋に入っているので、

熱いお湯でも、冷水でも、すぐに美味しいお茶をいれられるのです。

夏場はポットに冷水とともに入れて、冷蔵庫の中でじっくり抽出すると、

深蒸し茶ならではの甘みをお楽しみいただけます。

その場合、お湯はいったん沸騰させた湯冷ましをお使いくださいね。

∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・

次回の試食レポートは、秋の訪れを告げる味覚「あぶり秋刀魚」をご紹介します。

どうぞお楽しみに!!

営業日カレンダー
  • 今日
  • 配達お休み
  • 受付お休み

●赤色の日の商品のお届けはお休みいたしております。

●黄色の日は受付業務をお休みいたしております。

●火曜日お届け(又はお日にち変更)の場合は、土曜日の16時までにご連絡ください。

●お休みの日にイベント等でご利用の場合は、フリーダイヤルまでご連絡ください。

→新規会員登録はこちら

総本家柿千 阪急うめだ本店 地下1階

営業時間
日-木10:00-20:00
金・土10:00-21:00
お問い合わせ
06-6361-1381(代)


千里阪急店 地下1階

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
06-6831-1221(代)


西宮阪急店 1階

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
0798-62-1381(代)


JR京都伊勢丹 地下1階

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
075-352-1111(代)


大丸京都店 地下1階

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
075-211-8111(代)


あべのハルカス近鉄本店 ウィングス館地下1階

営業時間
10:00-20:30
お問い合わせ
06-6624-1111(代)


天川茶寮 柿千

営業時間
10:00-17:00
お問い合わせ
072-338-3000


ページトップへ