運営ブログ

【母の日】 春日セット ~5種類の柿の葉すし~

こんにちは、柿千の高橋です。

小鳥のさえずりが、のどかな春の訪れを感じます今日この頃、

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

いつも温かいお声をお掛けいただき、本当にありがとうございます。

さて、第16回目の試食レポートは、

母の日にぴったりの「特選 春日セット」です。

いよいよ、5月8日に迫ってまいりました「母の日」。

普段活思っていてもなかなか言えない、「お母さん、ありがとう」の感謝の気持ちを、

おいしい柿の葉すしと一緒にお届けします。


●母の日の感謝の気持ちを伝える「メッセージイラスト」

さて、今年は、お母さんにもっと喜んでいただけないかなとスタッフ一同
ミーティングにミーティングを重ねて、新しい企画を考えました!
その名も「メッセージイラスト」

さっそく、宅急便で届いた段ボールを開けてみましょう。

ます、目に飛び込むのは、「お母さんありがとう」のイラスト。

今回は、箱を開けた途端、お喜びいただきたいなということで、

このような大きなイラストをご用意しました。


●5種類の「極上 柿の葉すし」と「極上 鯖の棒鮓」

こちらが、10個入りのパッケージ。

春限定の柿の花の絵が描かれています。

吉野杉の箱に入っていて、木のいい香りがしますよ。

高級感ある吉野杉の木箱に入っています

高級感のある吉野杉の木箱に入っています。

中には、一つ一つ丁寧に柿の葉で巻かれたおすしが並んでいます。

実際はすべて柿の葉で包まれているのですが、

どんなネタが入っているか分かりやすいよう、左の列だけ柿の葉を開いてみました。

上から、鯛、穴子、秋刀魚、の5種類。

ネタは5種類。どれからいただこうか、迷ってしまいます。

では、さっそくいただきましょう!

やっぱり1番のおすすめは、鯖です。

どよい脂ののりと酢加減、酢飯との溶け合うような風味。

鯖は国産にこだわり、日本中を駆け巡り、いつも1番美味しい!と

納得のいく品質の脂が乗った国産の寒鯖を秋~冬に1年分を仕入れています。

色鮮やかな天然の紅鮭。

国産の小鯛の上には、上品な白板昆布が鯛の旨味を引き立てます。

そして、噛めば噛むほど味が出る国産の蒸穴子、と国産の秋刀魚。

秋刀魚の下にしのばせている生姜が効いて、爽やかな味わいです。

魚は全て添加物を使用せず、素材本来の旨味を活かしています。着色料、保存料なども
もちろん入っていないので、

安心してお召し上がりいただけます。


●【極上 鯖棒鮓】 ~厚身の国産寒鯖の片身を使い食べ応えのある逸品

まずは見てください、こののはち切れそうな厚み!!!
シャリのもっちりとした弾力!!!
そして、表面に顔が映り込むほどツヤツヤの昆布!!!


プリプリの肉厚寒鯖と、もちもちの「伊賀米コシヒカリ」、ツヤツヤの北海道産真昆布
プリプリの肉厚寒鯖と、もちもちの「伊賀米コシヒカリ」、ツヤツヤの北海道産真昆布

●厳選された鯖を使っています

柿千創業以来、一貫している鯖へのこだわり。
日本近海で獲れるプリッと弾力のある身質の「国産の寒鯖」だけを使用しています。

鯖の品質を決めるのは、次の3つの要素で決まります。
それは、「脂ののり」と「身の締まり」、そして「鮮度」です。

柿千では、厳格なチェックに合格した真鯖だけを、厳選して使用しています。


●お米はもちもち食感の「伊賀米コシヒカリ」!

シャリの「伊賀米コシヒカリ」は、

2015年度産米の食味ランキングで、5年連続最高位「特A」ランクの認定を受けた銘米です。

柿千は、お米にも絶対のこだわりがあります。
お客様からよく
シャリがもちもちしていて美味しい。モチ米が入っているんですか?
とご質問を受けます。
「いえ、モチ米は一切入ってないんです。
このもちもち感が「伊賀米コシヒカリ」の特長なんですよ」
とお答えすると、皆さん驚かれます。

特A新聞

その、もちもちとした食感は、一度食べればやみつきになること間違いなし!

なぜ、伊賀でこんなに美味しいお米が穫れるのかというと、

一つは、盆地であり昼夜の温度差が大きいため、米の粘りと甘みが増すこと。

二つ目は、大昔、伊賀が琵琶湖の一部だった頃に湖底に積もった土が、栄養価が高く、米がすくすく育つこと。

こうした豊かな風土が、「伊賀米コシヒカリ」を育んでくれるのです。

シャリはもちもちの「伊賀米コシヒカリ」

伊賀の豊かな風土で育った「伊賀米コシヒカリ」

柿千では、長年にわたってJA伊賀北部さんから「伊賀米コシヒカリ」を直接仕入れ、

安全安心なお米をお届けしています。


●お酢は、京都の高級酢「千鳥酢」

柿千の「極上 柿の葉すし」は、酸味がとってもまろやか。

その秘密は、「千鳥酢」というお酢を使っているからなんですね。

京都の有名料亭では欠かせない高級酢です。

スーパー等で安く売られているお酢は、ツンとした酸味がありますが、

それは工場の中で一気に大量生産しているお酢だからなんですね。

千鳥酢」は、昔ながらの蔵の中で、原料を寝かせて寝かせて、

たっぷり時間をかけて熟成されているお酢です。

だから酸味にカドがなくまろやか。

これがお酢本来の味なんですね。

まろやかな酸味の「千鳥酢」

酸味がまろやかな「千鳥酢」


極上 柿の葉すし」を初めて食べた方は、少し薄味に感じられるかもしれません。

その理由は、化学調味料を使っていないからです。

インスタント食品は、味が濃く、一口目、二口目は美味しく感じるのですが、

やがて飽きてきて、食後にのどが渇いてしまいます。

化学調味料を使っていない「本物の味」は、

あくまでも優しく、自然でまろやかです。

すっきりした後味に、その差を実感していただけるはず。


●職人手創りにより、美味しさを追求

さらに、柿千ではこれらの厳選された素材を、

職人が『手創り』で創っています!

例えば、お米を炊いてお酢を合わせるのも、

ネタとシャリを合わせて柿の葉で包むのも、

すべて職人の手わざ。

お酢をシャリになじませる「酢合わせ」も、

機械仕込みでは一瞬で済みますが、

それではお酢がお米の表面にしか回りません。

柿千の「極上 柿の葉すし」は、昔ながらの「飯切り」という木桶としゃもじを用い、

熟練技で、お米一粒一粒の中までお酢をしみこませています

シャリに空気を含めるようにしゃもじを振ることで、

余分な水分が飛んで、旨味がギュッと凝縮されるのです。

飯切りとしゃもじを使い、シャリに丹念に酢をなじませる

大切な「酢合わせ」は、熟練の手わざで行っています


「極上 柿の葉すし」ができるまでは、

こちらのページで詳しく紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

■「極上 柿の葉すし」のできるまで

http://www.kakisen.co.jp/making/

それでは、私も食べてばかりいないで、母にプレゼントします!

5801b-6.jpg

ご希望で、お母さんへのメッセージ。柿千スタッフが代筆いたします!

=====

人気の春日セットは、季節限定ですので、どうぞお早めにご注文ください。

「極上 柿の葉すし(たけのこ入り)」

「極上 柿の葉すし  5種10個入」 と丹波 黒太郎(黒豆甘納豆)のセットもございます。

<期間限定商品です。販売期間はお問い合わせくださいませ。

フリーダイヤル0120-41-3000 メール kakisen@violin.ocn.ne.jp>

∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・

コメントする

名前

URL

コメント

営業日カレンダー
  • 今日
  • 配達お休み
  • 受付お休み

●赤色の日の商品のお届けはお休みいたしております。

●黄色の日は受付業務をお休みいたしております。

●火曜日お届け(又はお日にち変更)の場合は、土曜日の16時までにご連絡ください。

●お休みの日にイベント等でご利用の場合は、フリーダイヤルまでご連絡ください。

→新規会員登録はこちら

総本家柿千 阪急うめだ本店

営業時間
日-木10:00-20:00
金・土10:00-21:00
お問い合わせ
06-6361-1381(代)


千里阪急店

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
06-6831-1221(代)


西宮阪急店

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
0798-62-1381(代)


JR京都伊勢丹

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
075-352-1111(代)


大丸京都店

営業時間
10:00-20:00
お問い合わせ
075-211-8111(代)


あべのハルカス近鉄本店   NEW!

営業時間
10:00-20:30
お問い合わせ
06-6624-1111(代)


天川茶寮 柿千

営業時間
10:00-17:00
お問い合わせ
072-338-3000


ページトップへ